ハーブのパワーで白い肌へ

ノニの抗酸化力

女性

シミやくすみの目立たない、透明感があって白い肌を育むには、毎日の洗顔が不可欠です。
各コスメメーカーからも、美白を目的とした石鹸や洗顔フォームが多く発売されています。
これらに配合される成分は、毎年のように新しいものが加わったり、配合量などに変化がありますが、今注目されているのがノニというハーブのエキスです。
ノニとは、ヤエヤマアオキの別名で、インドネシア中心に分布しています。
日本では沖縄で栽培されていることでも知られています。
昔からけがの治療などに用いられてきました。
優れた抗酸化作用があるので、老化防止や美白効果が期待されている成分です。
これを配合した洗顔用の石鹸が人気を集めています。
ノニエキスを直接肌に浸透させることで、くすみやシミを薄くして、美白へと繋がると考えられているからです。
ターンオーバーの周期が本来よりも短くなってしまい、肌荒れを起こす原因の一つが、肌の乾燥です。
ノニエキスには肌に潤いを与える働きもあるので、肌のバリア機能とターンオーバーの正常化へと導いてくれます。
肌荒れによる炎症が起こらなくなれば、肌を守るためにメラニンが活発化することも減っていくでしょう。
さらにメラニンがシミとして肌に定着する前に排出されます。
シミやくすみを作らないために、美白石鹸は洗浄力を求めがちです。
しかし、それでは必要な皮脂まで洗顔の時に落としてしまうので、却って乾燥を進めてしまいます。
ノニエキス入りの石鹸なら低刺激なうえに、ほどよい洗浄力なので肌も乾燥しません。

顔の汚れがトラブルを招く

化粧をする人

かなりショッキングな話になりますが、私たちの顔は随分と汚れているもので、それは知らず知らずかいている汗や皮脂、空気中に浮遊している埃、それから毎日の化粧なども顔の汚れのもととなっています。
こうした汚れを毎日の洗顔で落とすことになるのですが、この洗顔が上手くいかないと皮脂や汚れが残ってしまい、それがニキビなどのお肌のトラブルを招いてしまうのです。
ちゃんと顔を洗えて皮脂や汚れを落としていれば、顔はトラブルのない、美しい美白を出してくれるのでしょう。
最近、こうした洗顔にとても有効だと言われている火山灰が大変に話題になり、実に多くの女性たちの間で注目を集めています。
大自然の恵みであるミネラル豊富な火山灰の粒子は、毛穴に潜んでいる皮脂を吸い取ってくれるというありがたい働きをしてくれます。
このような美肌をつくると言われる火山灰の粒子を配合させた石鹸も販売されていて、今、かなりの人気となっいます。
美白をつくるのは火山灰の石鹸ですから、これさえ使っていれば美白を手にできるのかと言えば、けっしてそうとばかりは言えません。
そのために適切にケアすることももちろん大事になり、一つには洗顔の方法というものもきちんと考えていないと、いくら効果のある石鹸を使っても、それをお肌に浸透させることはできません。
もう一度正しい洗顔というものを考えてみることが、真の美白というものを手にすことができる、もっとも近い方法なのです。

改善と予防を行う

顔を洗う人

最近体に良いと注目を浴びているのが酵母です。
酵母にはデトックス効果と呼ばれる、老廃物や毒素を体から排出する効果や、腸を整える作用があることが知られていますが、加えて洗顔に使用すると、美白効果があります。
洗顔をする上で重要なことは、汚れを落とすこともそうですが、肌に刺激を与えないことです。
肌に刺激を与えると、それに対するメラニンの沈着によって逆にシミの原因になってしまいます。
しかし酵母は自然から出来ているものであり、化学的物質ではなく肌に優しいです。
そのため、肌に刺激を与えにくく、負担を軽くしながら汚れを落とせます。
また、酵母の発酵時に出てくる保湿因子は、人の皮膚細胞と近いため、とても馴染みが良く保湿してくれます。
さらに、酵母はミネラルやアミノ酸を含んでいるため、美白効果に繋がります。
ミネラルには毛穴を引き締める効果があるので、肌をキメ細かくする他に、汚れが入り込むのを防ぎ、毛穴の黒ずみも防ぎます。
また酵母には、タンパク質を分解する効果があり、毛穴の中に詰まった皮脂や角質を分解し、洗い流されるように変えてくるのです。
このタンパク質の分解効果と毛穴を引き締める効果により、毛穴の黒ずみを除去してかつ予防することが出来ます。
以上が、酵母が美白洗顔料に使われる理由です。
酵母は美白洗顔の対象の中でも毛穴の汚れに効果があるので、イチゴ鼻などに困っている方に対して効果が高いです。
他にも。
酵母自体には保湿効果もあるので、ほかの添加物が少ないことも酵母の美白洗顔料の魅力です。